◆打木屋のシロギス仕掛け◆

打木屋の常連さんが主に使用しているシロギス釣り道具を紹介します。シロギス釣りは比較的水深が浅くて平坦なところを狙います。通常はスピニングリールを使う方が多いですが両軸リールを使ったほうが操作性はいいです。


◆シロギス釣り仕掛け図 < 胴付き仕掛け2本針 >◆

仕掛けは胴付き仕掛けを主体に説明しています。従来の天秤仕掛けでも構いませんが、天秤があるおかげで仕掛けがからむことが多いです。

◆竿◆

キスの繊細な当たりをいち早く捉えることができ、また、小さな当たりも弾かず食い込みに優れた乗せ調子の竿がいいです。7:3調子で軽量かつ操作性にすぐれているものがおすすめ。15号のオモリを使う事を考えています。おすすめの竿は、

 

■ダイワ (Daiwa)

 

■シマノ (SHIMANO)

◆リール◆

通常はスピニングリールを使う方が多いですが、操作性から考えたらはるかに両軸リールのほうがいいと思います。ただ、20m前後は仕掛けを投げるのでバックラッシュなどの起こりにくいキャスティング性能にすぐれたものがよい。おすすめのリールは、

ダイワ ABU

◆仕掛け◆

いままではシロギス釣り仕掛けは天秤仕掛けが主流でした。最近は胴付き仕掛けを使う方が増えて来ています。理由は胴付き仕掛けのほうが投げてもからみが少ないからです。

図にあるように、胴付き仕掛けで説明します。市販の仕掛けは1本針と2本針があります。圧倒的に下の針に喰う事が多いので2本針にしたら2倍釣れるというわけではありません。1本針のほうがトラブルがなくてすっきりとしています。慣れない方は1本針のほうがいいでしょう。幹糸と枝糸の接続はクロスビーズを使うことにより枝糸のヨリを取っています。釣りの指南書ではこの仕掛けは置き竿にいい仕掛けだと言っていますが、私は逆だと思います。仕掛けを軽く投げて広く探るには天秤仕掛けよりこの胴付き仕掛けのほうが優れています。なぜなら、からみが少なく当たりがダイレクトに取れます。

◆ハリス・針◆

幹糸部分は1.5号、枝糸部分は1.2号。ともにフロロカーボン系が良い。シーガーエースがおすすめ。グランドマックスFXなら丈夫でしなやかなのでなお良い。けれど、かなり高価です。

針は好みがあります。最初から吞み込ませるつもりで釣る方には競技用の小さい針がいいです。

チモトに付けるビーズは金色は付けたいです。これを付けておくと喰いがいい様な気がします。(おまじないみたいなものですが)

◆あると便利なもの◆

  • チョイ置きホルダー(船縁の穴に差し込んでおく二股になったもの)
  • ・割り箸(できたら丸くなっているものが良い)―針を吞み込まれたときに箸をシロギスの口の中に突っ込んでハリスを張り気味にして魚をまわしてやるとすぐに針がはずれます。

◆付け餌◆

青イソメです。喰いは尻尾のほうがいいがすぐに取れてしまいます。頭の硬い部分にチョン掛けしてやるとなかなかとれないので多少喰いが悪くてもそのうち針掛かりしてしまいます。胴付きの2本針でやるなら、下の針には頭を付けておく。(3~4cmの長さにする) 長いままにしておくと喰っても針掛かりしません。

◆オモリ◆

オモリはナツメ型15号を使用します。


◆釣り方◆

仕掛けを10mから15m軽く投げたほうが喰いはいいです。潮の流れの速いときにはそのまま真下へ下ろしても釣れます。オモリが底に着いたらこずくことはしません。軽く糸を張っているだけです。当たりがなければ仕掛けを移動させるために竿を静かに大きくあおってやります。このときオモリをどかんと下ろすような操作はしないこと。静かにオモリを底に着けてやること、静かにオモリを置くつもりで。そこでまた軽く糸を張って待つ。当たりは軽くもたれるようなときに合わせると掛かります。これがなかなかわかりませんが、慣れてくるとわかってきます。ピッピピっと引っ張り込む様な当たりはエサをくわえて逃げるときに出るもので本来の当たりではありません。胴付き仕掛けではずるずると引っ張ってくるような釣り方だと喰いは悪いです。